postheadericon 母乳不足を防ぐために

カップに注がれるお茶

母乳不足は赤ちゃんの成長を妨げてしまうため、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても出来る限り防がなければならないことです。
たんぽぽ茶は古来からヨーロッパや中国をはじめとした多くの地域で薬として使われていて現在では漢方薬として広く使われています。
たんぽぽ茶はたんぽぽの根からつくられていてマグネシウムや鉄などを含み、飲むことで体を温めるため体の代謝が良くなり、母乳不足を解消すると言われています。
またたんぽぽ茶はノンカフェインであるため夜に飲んだために寝不足になる心配はなく、妊娠中から授乳中までの期間ずっと母乳不足を防ぎ母乳をあげることができます。

postheadericon 冷えを防ぐためにも

2つのグラスカップ

たんぽぽ茶はノンカフェインであるためカフェインの働きである体を冷やすことを防ぐことにもつながります。
すなわち、ノンカフェインのたんぽぽ茶は母乳不足に悩むお母さんにとって最高の武器と言えるでしょう。
またたんぽぽ茶は冷え性にも効くため母乳不足の解消だけでなく冷え性の解消にも用いることができます。
したがって、小さいうちからお年寄りになるまでたんぽぽ茶を利用することで一生涯体の健康を維持していくことができます。
コーヒーやウーロン茶緑茶などカフェインが入っている飲み物を飲めない際にはまたはカフェインをとってはいけないときにたんぽぽ茶を利用してみてはいかがでしょうか。

postheadericon 完全母乳育児派の方に

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんを母乳で育てたいというママが多く、赤ちゃんを母乳で育てるということは多くのメリットがあります。
母乳は消化がよいので、赤ちゃんの胃腸に負担がかからず、免疫力を与えて病気の予防ができたり、産後の母体が痩せやすくなるなどがありますが、母親であればすべての人が母乳が出るわけではありません。
母親の体質や体調、年齢などによって出る、出ないがあり、母乳が十分に出ない場合は母乳不足となってしまいます。
母乳不足になると、赤ちゃんの体重がなかなか増えない、母乳を求める間隔が短いなど、母乳不足は赤ちゃんにも大きな影響が出てしまうのです。
母乳不足で悩んでいるママに人気を集めているのがノンカフェインのたんぽぽ茶です。

postheadericon 栄養素も豊富

青い目の赤ちゃん、哺乳瓶

ノンカフェインのたんぽぽ茶は、たんぽぽが原料になっており、多くの様々なミネラルが含まれており、血行促進や血液浄化など様々な効果があります。
カルシウムや鉄分、リン酸、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンCなどは、体を温めて血行を良くし、ホルモン分泌が促されていくので、母乳が作られやすくなっていきます。
母乳は母親の血液で作られており、血行が良くなり血液の質が良くなると母乳不足は改善されていきます。
たんぽぽ茶はたんぽぽの根という天然成分から作られているので、副作用がなく、ノンカフェインなので、普通のお茶と同じように飲むことができます。
赤ちゃんにカフェインが含まれている飲み物は、興奮させてしまうなど体に良くありませんから、母乳を与えている期間中はたんぽぽ茶などノンカフェインのお茶を選ぶことが大切です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930